酒饅頭、水ようかん、水まんじゅう、水ようかん、せんべい、どらやき、和菓子、にしさか

にしさかの和菓子
季節の和菓子
にしさかについて
個人情報の取扱いについて

にしさかでご提供いただいた個人情報は、個人確認や利用者に対するサービス向上を目的に利用されるもので、登録された情報を意図的に第三者に開示、提供するものではありません。にしさかは、収集または委託された個人情報について、漏えい・改ざん・破壊・紛失等の不適切な取扱いが行われないように厳重に管理いたします。また、収集目的が達成され、不要となった個人情報につきましては、完全な消去・破棄をいたします。

にしさかの越前三国へのこだわり

酒万寿処 にしさか
福井県坂井市三国町北本町4-2-14【Google MAP
営業時間/8:00〜19:30
定休日/木曜日
電 話/0776-82-0458
F A X/0776-82-7778

店舗正面の外壁に北前船の絵

三国湊が北前船や千石船の出入りで栄えていた頃、北前船の船頭さんによって伝えられたという酒まんじゅう。当時への思い馳せ、船頭さんへの感謝をこめ、店舗正面の外壁に北前船の絵を描きました。

真っ赤なのれん

三国の匠達の極められた技によって造り出された三国箪笥。その箪笥の美しい赤をイメージしています。また、越前三国では婚礼の前に「ニナイ」と言われる赤い化粧箱に紅白の酒饅頭を嫁ぎ先へ持って行く風習があります。その「ニナイ」の赤色もイメージしました。また、のれんの模様は三国の海岸に打ち寄せる荒波と波の華を表現しました。

店内の装飾

店内の天井から吊り下げられた木材で作られた大きな装飾は、日本海に群れ飛ぶ53羽のかもめをイメージしています。羽根を広げ優雅に飛ぶかもめをイメージした形に切り取られた53本の木材の一本一本に38個の穴を開け、細い棒によって53本全部を正確に繋ぎ合わせた、三国大工の渾身の力作です。その他にもひっそりと置かれた三国焼きの置物も三国の雰囲気を演出しています。

交通アクセス【下記の地図をクリックしていただくと拡大して御覧になれます。】
Copyright (C) 2007 NISHISAKA. All rights reserved.